トイレが近い|夜間頻尿を改善する方法-男女別の原因と対策まとめ記事



夜トイレが近い、おしっこが近い、最近では頻尿と緊張やストレスの関係も取り上げられております。頻尿を治したい方、とにかくトイレが近いのを治したいその解消法を紹介しています。



男性の頻尿

 

どれくらいの頻度でトイレに行くと「頻尿」なの?

 

「さっきトイレに行ったはずなのに、すぐにまたトイレに行きたくなってしまう」

 

「それほど飲み物を飲んでいないはずなのに、1日に何度もトイレに行く必要がある」

 

「夜トイレが近い(夜間頻尿)、おしっこが近い」

 

一般的に、排尿の回数が1日に8回を超える場合、「頻尿」である可能性が高いと言われています。

 

ただし、排尿の回数は個人差が大きく、必ず「8回」を目安にする必要はありません。飲み物の量や種類、発汗量などにも関係します。

 

トイレが気になり生活に支障が出てしまっている」などの場合には、心配を減らすためにも頻尿対策を考えてみましょう。

男 性 女 性
男性>>男性の詳細はコチラのページ 女性 >>女性の詳細はコチラのページ

 

頻尿の原因

 

頻尿対策を考える前に、頻尿を起こす原因について考えてみましょう。主に次のようなものが考えられます。

 

【過活動膀胱(かかつどうぼうこう)】

本来、膀胱は「そろそろ排尿が必要だ」という段階まで、内部にたっぷりと尿を溜めることができるものです。   風船が膨らんだような状態をイメージしてください。

しかし、膀胱が活動しすぎてしまう状態では、膀胱の筋肉「排尿筋」がきゅっと緊張し、膀胱の中の空間が狭くなってしまいます

風船が縮んでしまった状態ですので、中に溜めておける尿の量も減ってしまいます。そのため、排尿したいと感じる頻度が多くなってしまうのです。

 

【残尿】

排尿しても膀胱内に尿が残り、まだ排尿したいような感覚が残ってしまう症状を言います。

女性の場合は「膀胱炎」が原因であることも多く、そうなると膀胱が炎症を起こしているため、うまく排尿する力を発揮できません。

男性の場合は「前立腺肥大症」といった病気で、大きくなった前立腺が尿道や膀胱を圧迫することで残尿感を感じることが多いとされています。その他の疾患が関係している場合もあります。

【多尿】

膀胱やその周辺に異常がなくとも、体の中でつくられる尿の量が多すぎることで、頻尿になることもあります。

腎臓の障害や糖尿病などの疾患である可能性もありますが、単純に水分の摂りすぎであることが多く、多尿以外の体の不調がないかを確認することも重要です。

【心因性】

体に特別な問題はないのに、トイレのことが気になって頻尿になることもあります。トイレに行きたくなったらどうしようという心配、あるいは緊張感が原因ですので、睡眠中はトイレに起きることがなく、尿の量は普通なのが特徴です。

とはいえ、大きな精神的不安をかかえてしまうという問題があり、軽く考えられるものではありません。どうすれば安心感を持つことができるかなども考える必要があります。

そのほか、尿路の感染症や炎症、体の冷えが原因である場合もあります。最近では「マーガリンやホイップクリームなど、トランス脂肪酸を含む食べ物が頻尿の原因になる」という説もあり、さまざまな要因が絡み合って頻尿を呼ぶことも少なくありません。

男女別-頻尿対策

男性と女性では、頻尿の原因が異なる可能性が高いと言われています。そこで、男女それぞれの原因に注目し、頻尿改善対策をご紹介します。



男 性 女 性
男性>>男性の詳細はコチラのページ 女性 >>女性の詳細はコチラのページ

 

尿もれスッキリ!ランキング【男性用】

小林製薬のノコギリヤシEX

多くの男性に愛用されているノコギリヤシエキスを主成分に、春黄金花の実オオバコの種子など7種類の植物を組み合わせた独自の成分「水利通快源*(すいりつうかいげん)」と、トマトリコピンを配合。 中高年男性の気になる健康を複合的にサポートします。 saito2
nokogiriyasimuryoutoire

【小林製薬】のノコギリヤシEXの詳細はコチラから

中高年男性のスッキリを応援!

夜中も快適!外出も安心 会議中の不安も解消! 今話題のクラチャイダムをプラスして活力アップ

中高年男性のスッキリを応援!
排尿のお悩みをサポートし、すっきり生活を応援する

人気の3大エキスをしっかりと配合! ・ノコギリヤシ ・クランベリー ・ペポカボチャ 安心安全の品質 ・GMP認証マーク取得商品

すっきり生活をサポート!尿トラブルに

 

尿もれスッキリ!ランキング【女性】

【ペポカボチャ種子エキス&クランベリー】
歳を重ねるとだんだん出てくるトイレの悩み。 朝までぐっすり眠りたい、ふとした時に、旅行に行ってもトイレばかり探してしまうなど。 saito2onna
【女性用】トイレの悩みはコチラから
【ノコギリヤシ+クランベリー+ペポカボチャ】
人気の3大エキスをしっかりと配合! ・ノコギリヤシ ・クランベリー ・ペポカボチャ 安心安全の品質 ・GMP認証マーク取得商品 ・人気の3大エキスをしっかりと配合
【すっきり さわやか習慣】
★頻尿、尿漏れに悩む方へ★ 薬剤師が開発したノコギリヤシ、 尿のトラブルに

間違った頻尿改善方法では、逆に頻尿を悪化させてしまったり、体にダメージを残してしまう可能性もあります。

  • トイレを我慢する
  • 気のせいだと考える
  • 生理用パットをあてる
  • 水分を控える

このようなことでは頻尿は改善できません。 間違った方法をやり続けてることが、頻尿を改善できない1番の理由なんです。

本当に正しい頻尿の治療法とは

あなたはどのタイプ?

          • 頻尿+「筋力低下」タイプ
              • 頻尿+「炎症」タイプ
                  • 頻尿+「心因性」タイプ

過活動膀胱の詳細

過活動膀胱
過活動膀胱年齢
過活動膀胱人口
自然な療法で改善したい方
男 性 女 性
男性【男性】トイレの悩み詳細はコチラのページ 女性 【女性】トイレの悩み詳細はコチラのページ

 

腎臓と膀胱の病気

?1・腎臓と尿の関係

 

腎臓の働きは、簡単に言うと、血管に含まれている体内の老廃物や栄養を仕分けして、吸収、排出することです。そして体内の無駄な物質と水が尿管を通って膀胱に溜められます。

これが尿道を通って、尿になるわけです。

腎臓の水分調節は浸透圧によってバランスが取られています。つまり血中の塩分量を適度に保つことで、体内の水分量がベストになるということ、塩分の取り過ぎが体に良くないのは腎臓に過度の負担をかけ、また体内の水分調節を狂わせるためです。

ここで覚えておきたいのは、腎臓が関与するのは、たんぱく質と水分、つまりミネラルだけであり、炭水化物や脂肪分解には関与しません。

しかし、体内のミネラルや水分は、体内の臓器の働きを潤滑にするためのもの、つまり結果的に生命維持に欠かせない役割を果たしているのですね。

そのため、腎臓からは多くのホルモンが出ており、ミネラルと水分量をベストなバランスに保っているのです。

具体的には、

エリスロポイチエン=骨髄に赤血球の合成を促す

パラソルモン=ビタミンDの合成~これによりカルシウム吸収が促進される

レニン=ナトリウムやカリウムの量を調節する=血圧調整の働きをする

というのが主な所です。

これだけではなく、PHの調整なども行います。

 

尿路結石とは?

痛い病気の代表名のような尿路結石、泌尿器は腎臓、尿管、膀胱、尿道から出来ていますが、尿道に出来たものを尿路結石と呼びます。

出来る仕組みなどは、場所によって違いはありません。

激痛と血尿などの症状が出ます、治療方法は鎮痛剤を使い自然排出を待つ対処療法、利尿剤を使用したり、内視鏡手術や、体外から衝撃波を与え石を砕く、体外衝撃波結石粉砕術などがあります。

尿路結石は特に命に関わることはないのですが、尿路を塞ぐようなことになると、尿が排出されなくなり腎盂炎などの炎症を起こします。

 

尿路結石が出来る原因は

  • 遺伝、2女性ホルモンの減少、3、痛風、がありますが、多くは原因不明です。

女性ホルモンの減少は、骨からカルシウムが溶け出しやすくなるため(骨粗鬆症の原因でもあります)

また痛風は、尿酸が体に溜まりやすくなるため、と言われます。

それぞれの原因を解決することで、結石が出来る可能性を減らせます。

体内で余ったミネラルが、カルシウムと結合して、石になると言われており、厳密にはミネラルの数だけ病名がありますが、代表的なのは「シュウ酸カルシウム」によるものです。

シュウ酸は、ほうれん草、コーヒー、紅茶、緑茶に多く含まれており、これらを控えることで予防が出来ます。

カルシウム摂取も従来は控えた方が良いと言われてきましたが、近年、カルシウムをきちんと取った方が、腸内で、シュウ酸カルシウムが出来やすくなる=泌尿器には出来にくくなる、という説があり、シュウ酸が多い食品を控える方が賢明でしょう。

 

ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群とは、尿にたんぱくが混ざっている状況を指します。

病名ではなく、状況説明のような名称です。(定義;血液中の血清アルブミン値3.0/dl以下、かつ1日に3.5g以上のたんぱく質が減っていること)

しかし、本来尿に出ることが無いはずのたんぱく質が外に出ているということは、腎臓の機能に異常が生じているということになります。

たんぱく質は分子が大きいため、腎臓でろ過作業が行われる際、血管の外に出ることはないのです。

症状が進むと、体内の毒を排出できず、命に関わることもあります。

またネフローゼ症候群を放置しておくと、血管内に留まるはずの水分や、塩分がすべて外に出てしまい、腹水や胸水になり、別の病気を発症します。

また血管の中に、たんぱく質や水分塩分がないため、高脂血症になりやすく、脳や心臓の血管障害を起こしやすくなるのです。

またたんぱく質を十分に体に取り込めないため、筋肉が落ちるなど、低たんぱくの弊害も出てきます。

ネフローゼの症状は、尿が泡立ちます。

また血管の外に水分が出て、体外排出されず体内に溜まり、むくみがまず出ます。また、たんぱく質が足りなくなるため、疲れやすくなります。

原因ははっきりしておらず、先天性や遺伝を除くと、糖尿病や、膠原病を持っている場合に起きやすいと言われます。

治療方法は、主に、減塩、低たんぱく食を取り、水分摂取を控えて安静にしておくことです。

たんぱく質が不足する病気ですが、たんぱく質を取り過ぎると逆に腎臓に負担をかけるため、控えめにしましょう。

またACE阻害薬、ステロイドなどの薬物療法も行うことがあります。

慢性腎不全

読んで字のごとく、慢性的に腎臓機能が落ちている状態が続くことです。

悪化すると尿毒症と呼ばれ、体の毒素を全く排出できなくなり命に関わります。

慢性腎不全は、糸球体腎炎や先に紹介したネフローゼ、尿管結石などあらゆる腎臓のトラブルが元になり起きます。また糖尿病も原因とされています。

自覚症状はあまりありませんが、腎臓の働き=体内の水分、塩分調整、ミネラル分調整能力がすべて落ちてしまうため、高血圧、高脂血状態を起こし脳、心臓血管障害を起こしやすくなります。

またカルシウムが取り込めず、骨粗鬆症になったり、ミネラル不足で貧血になり、2次的な病気を起こすこともあります。

弱った腎臓がろ過作業を行うため、当然、腎臓に負担をかけることになり、より腎不全が進むという悪循環を引き起こします。

腎不全が進むと、人工透析、もしくは腎移植を行うことになります。

人工透析には、血液透析と腹膜透析の2種類があります。

血液透析は、血管の中に静脈と動脈をつなぐシャントと呼ばれるという機器を入れ、血液をダイアライザーと呼ばれる人工的なろ過機器に流しまた体に戻すという方法で、老廃物を血液から取り除きます。時間が4時間程度と長くかかります。

腹膜透析(PD)は、おなかにカテーテルを入れ腹膜に透析液を入れます。この液体が老廃物のろ過の役目を果たし、老廃物交じりの液体が外に出てきます。

就寝中に可能なAPDと、携帯して1日3.4回程度好きな時に行うCAPDという方法があります。

時間を自由に出来るメリットがあります。

 

糖尿病性腎症

人工透析を受けている人の理由でかなり多いのが、糖尿病性腎症です。

糖尿病により、血管が傷んでしまい、更に進むと腎臓の働きを担う糸球体を傷め、最後には。慢性腎不全の末期=尿毒症、そして人工透析ということになってしまいます。

初期の自覚症状は殆どなく、尿たんぱく値で解ります。

尿たんぱく値=血清アルブミン値3.0g/dl以上になるとネフローゼと呼ばれ、かなり腎臓を傷めている状況になります。

その手前で病気を見つけ、たんぱく質や塩分摂取を控える、また血管をより傷める高血圧にならないようにするなどの対策を打てば、悪化は防げます。もちろん血糖値もコントロールしましょう。

空腹時血糖値 120mdl以下が正常な血糖値ですが、まず上がらないようにすることがまず第一歩です。

日常あまり気にすることの無い腎臓ですが、血管の健康という人間の体の中でもかなり大きな部分を担当しています。

日頃から塩分、糖分の摂取に気を付け、体を温めて血行を良くする生活を心がけましょう。

トイレが近い悩み(当クラブの会員様から寄せられたお悩み)

頻尿で夜中に三度目が覚めます

子供を出産後から頻尿になりました

20歳の頃からの筋金入りの頻尿です

冷え性体質は悪循環でますますトイレが近くなる

膀胱炎になり頻尿になり悩んだ

神経性頻尿を持っている

高齢化による夜間頻尿の危険性

頻尿だと昼も夜も落ち着きません

頻尿によるさまざまなストレスについて

夜間頻尿

トイレが近くならないためには


女性男性に限らず頻尿の薬は、原因の改善より頻尿を治したいという欲求の症状を抑えることが主眼とされています。トイレの回数が多いのを薬で予防するよりも、自己免疫力の自然治癒力を高めることが大切と考えております。

 

体の不調が原因のトイレが近いを治すには過活動膀胱に働きかけるクスリも効果的です。
トイレが近い人の治療法は病院の過活動膀胱の薬や平滑筋弛緩薬が一般的ですが、クスリの副作用も気になるところです。


仕事や旅行での頻尿は困るものですよね!
接客業や立ち仕事でトイレに行けない
頻尿が気になりコンサートや舞台を鑑賞していても落ち着かない
飛行機の中でもトイレ(尿)が近くて悩む


夜中トイレの回数を減らせる薬がないかとトイレのことばかり考えています。

トイレ(小便)が近いのを改善する対策や尿が近い良い薬を探している人は当ホームページを参考にして下さい。

あれだけ悩んでいた頻尿が良くなりました

症状だけ伝えても、実態を正確に把握される事はほとんどありません。 何しろトイレが近いというだけなのですから、 我慢しろと言われる事すらありました。 我慢できればなにも苦労は無いわけで、 頻尿は私のストレスの種でした。

出来る限り気にしないようにしたり薬を飲んだり、 色々な方法を試してもそれらしい効果が得られず途方に 暮れていた時に出会ったのが小林製薬のノコギリヤシです。 まず驚いたのが、 頻尿と言っても色々な種類があるという事です。 ? 私の場合、 どうやら下半身の筋力が衰えた事によって起きるものだったようです。

頻繁にトイレへ行きたくなるという事は、 それだけ時間を取られる事を意味します。 仕事はもちろん睡眠時間まで削られるのは、かなりの苦痛でしたし、 大好きだった旅行も苦手と化していたのです。 病院へ行ったり薬を飲んだりする必要がなく トイレの回数を減らせるという謳い文句は、 私にとってかなり魅力的でした。

購入後、早くに効果が実感でき驚いています。

原因が分かれば改善可能です

自分の頻尿のタイプを正確に把握する

原因別の3つの方法を使って頻尿を元から解決する

1日10分程度の時間で頻尿をコントロールする

あるものを摂取して頻尿の回数を安定させる

あれだけ悩んでいた頻尿が良くなりました パート2

昔からトイレが近く、何とかならないものかと考える日が続いていました。

一日に十回も二十回もトイレに行くのは、ハッキリ言ってかなりのストレスです。

どこかへ出掛ける時も常にトイレの位置を気にして、何が楽しいのか分からなくなっていました。

それが今では一日に七回程度のトイレで済んでいるのですから、大袈裟でもなんでもなく頻尿改善プログラムの効果があったという事でしょう。

特に頑張ったというほどの実感がなく、しかし効果としてトイレへ行く回数が減っていくのが不思議でした。

一週間くらい経った頃から夜中にトイレに起きる事がなくなったのを感じ、睡眠の質が向上したのを覚えています。

更にトイレの回数が減ってきた

更に続けていった結果の一日七回という、頻尿に悩まされていた頃には考えられない回数で済んでいます。

結果だけ見ればトイレが近くなくなったに過ぎませんが、それによって得られたものは計り知れません。

どこか気もそぞろだった仕事にも熱心に打ち込めるようになり、精神的な余裕が生まれるようになりました。

やはり夜にぐっすり眠れるのが大きく、トイレに起こされないというだけで大きな収穫です。

特別に薬を服用する必要もないので、別の薬との飲み合わせを考えなくて済んだのもグッドでした。

まず、1番重要なのは根本的に改善できるかです

小林製薬の【ノコギリヤシEX】 多くの男性に愛用されていますが、女性にも効果が高いのです。

人には言えない!トイレが近い話

女性でトイレが近くて困るという話はよく聞きます。 緊張するとよけいに行きたくなるとか、 コーヒーを飲むと回数が増えるという人は少なくありません。 他にも様々な原因でトイレが近くなる現象が起こるものです。

利尿剤も効果的?

そもそも女性は男性よりも尿道が短いですし、 トイレが近いというのはよく聞きます。 冷え性や水分の摂りすぎ、 利尿作用からくる場合は年齢に関係なく起こり得るものです。 ? それとは別に過活動膀胱という病気も最近増えています。 排尿筋が緊張して収縮することによって尿意が生じてしまうものです。

2時間、あるいはそれより短い間隔でトイレに行く人、 夜寝ている間に2、3回トイレに起きる人は過活動膀胱の疑いがあります。 ? これは内科、泌尿器科、婦人科などの医療機関に相談すれば、改善します。 排尿筋の収縮をやわらげる薬が色々出ているので、効果があります。

また女性の場合出産や運動不足や老化現象として骨盤底筋がゆるんで、 頻尿の原因となることもよくあります。 人知れず尿漏れや頻尿に悩んでいる女性は多いのです。 急にトイレが行きたくなって、待ったがきかない!という人もいます。 ? これは骨盤底筋を鍛える体操や一般的な軽い運動などで 十分改善させることができます。

人に言えないまま放っておくと、 どんどん筋力は低下していくので早めに対処することをお薦めします。